このたび、わが国の歴代オリンピック代表選手の皆様を対象に、「日本のオリンピック代表選手コホート*における健康寿命とセカンドキャリアに関する研究」を実施させて頂くことになりました。*コホート…研究対象となる集団

海外の先行研究によればオリンピック代表レベルのトップアスリート集団の寿命は長くなるとされ、日本の先行研究においても日本人オリンピック代表選手名簿と公開情報を基に、長命であることが示されました。しかしその理由やメカニズムについては未だ明らかではありません。競技特性や引退後の過ごし方によって、時間経過や加齢に伴う身体機能の衰え方は変わって来ます。このため、傷病発生や死亡のリスクにも影響が生じることが予想されます。オリンピアンの皆様の健康長寿の秘訣を探り、様々なリスク低減の要因を明らかにすることで、一般の方々へ還元し得る新たな知見のエビデンスが得られると期待されています。

また、皆様のご協力により実現するコホート研究を通して、トップアスリートにおけるセカンドキャリア形成にも役立てたいと考えています。

本調査の趣旨ならびに意義についてご賢察いただき、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

調査対象、調査内容と解析目的

  • わが国の歴代オリンピック代表選手名簿に基づくデータベースを構築し、生命予後(生死情報の確認)や引退後の生活習慣(食餌・栄養、喫煙、飲酒、運動、睡眠など)、心理社会要因(教育、就業、生活環境、社会資源の利用など)と傷病発生・健康被害との関連を明らかにすることが目的です。

調査の概要

対象になる方 1912年(ストックホルム大会)以降の大会に出場した全ての日本人オリンピック代表選手(補欠を含む実際の出場登録を行った者):約6000人(戦前の大会出場者を含む最大数、2019年時点)
調査期間2020年6月1日
~2020年11月30日
調査方法 ①または②のいずれかでの回答。
①インターネットによるウェブアンケート調査
②紙面版調査票(ダウンロード)の郵送
調査項目 転帰(生存・死亡:死因)、戦績、健康状態、生活習慣、セカンドキャリアなど
*連絡用個人情報のみ
個人情報 回答は、統計的に処理し、個人を特定することはありません。収集した情報は本調査の目的以外には使用しません。
ウェブ回答システム 本調査用ウエブサイトのシステム運営は株式会社アクセライトに委託しています。

※回答に用いた端末から、再度「調査に参加する」ボタンを押すことで、中断した設問から再開できます。

①ウェブアンケート調査に参加する

調査票・同意書・説明文について、PDF資料を用意しております。PDF資料はダウンロードコーナーに用意しております。

②紙面版調査に参加する
【ダウンロードコーナー】へ

*なるべくウェブでの回答をお願いいたします。
*ウェブアンケート調査に参加する方は紙面版調査票のダウンロードは不要です。

紙面版調査票をご郵送いただく際の手数料については、ご負担いただければと存じます。
(参考:両面印刷140円、片面印刷250円)

本研究に関するお問い合わせ先

オリンピアンによるオリンピアンの健康調査係

▶ 研究代表者所属機関
  大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座環境医学教室

▶ アンケートの趣旨に関するお問い合わせ
  joly@mukogawa-u.ac.jp(武庫川女子大学公衆衛生学研究室)

本調査研究は、日本学術振興会科学研究費助成事業(挑戦的研究(萌芽))「日本人オリンピック代表選手コホートデータベースの構築による疫学研究」KAKENHI:17K19906(H29〜31年度)ならびにスポーツ庁競技スポーツ課「スポーツ研究イノベーション拠点形成プロジェクト(SRIP)による研究助成金で実施されます。

お問い合わせはこちら